Amazon基本編

【Amazon アカウント登録方法】

Amazon を初めて利用する時には、まず Amazon のアカウントを 取得する必要があります 。 過去に Amazon で商品を注文したことがある場合など、既にアカウントを お持ちの場合には、今までのアカウントをご利用になれます。

Amazon の利用自体が初めての方は、これからアカウント登録方法について 説明しますので、登録が完了してから次に進みましょう。

まず、Amazon のトップページを開いてください。

http://www.amazon.co.jp/

トップページ上部にある、「アカウント&リスト」から「新規登録はこちら」をクリックします。

「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

名前、フリガナ、E メールアドレス、パスワードを入力し、 「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

これで、Amazon 新規アカウントを取得することができました。

【Amazon 出品者登録】

アカウント登録が完了したら、次は出品者登録です。

下記 HP 上にも詳しい登録方法が書いてありますが、 一つ一つ確認しながら、一緒に進めていきたいと思います。

http://services.amazon.co.jp/

Amazonの出品サービスには、 大口契約と小口契約の二種類があります。

詳しくは、こちらをご覧になってください。

http://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/services-overview.html

小口契約で始めるのか、大口契約で始めるのかを決めましょう。

これから本格的に稼いでいきたいと考えていらっしゃるならば、 大口契約をお勧めします。

小口契約でも大口契約でもFBAサービスを利用することは可能ですので、 ご事情に応じて判断していただければと思います。

ここからは、大口出品登録の方法を説明していきます。

小口契約登録希望の方も画面上の説明に沿って進めていけば 問題なく登録できると思いますので登録を進めてみてください。 「大口出品のオンライン登録へ」の部分をクリックしていただくと、 下記のような画面になると思います。

既に、Amazon アカウント登録が完了していると思いますので、 「既存のサインイン情報を使う」を選択し、パスワードを入力。

「次に進む」をクリックしてください。

出品者用アカウント情報を入力し、次へ進みます。 Amazon での屋号(店舗名)を決めて入力します。 店舗名は、後から変更も可能です。 名前が決まったら、入力して次に進みましょう。

クレジットカード情報を入力します。 クレジットカード情報は、出品者の認証および セキュリティ上の理由から登録しなければなりません。 出品することを決めたら、必ず準備しておきましょう。

本人確認をして、次に進みます。 登録した電話番号に、Amazon から確認の電話が入ります。 自動音声でかかってきますので、 電話に出ることができるよう待機していてください。

本人確認が完了したら、出品者登録手続き完了となります。

【FBA サービス利用手続き】

Amazon トップページを開いてください。 ページ下の、フルフィルメント by Amazon をクリックします。

次に、 「FBA を追加」をクリックします。

規約を読み、同意のチェックを入れます。 「フルフィルメント by Amazon の利用を開始する」をクリックします。

下の画面が出ましたら、登録完了です。

登録が完了すると、登録先メールアドレスに「FBA 利用登録完了」の 通知メールが届きますので、確認してください。

【Amazon 出品方法】

(1)商品登録

Amazon への出品方法を説明していきます。 まず、出品したい商品を登録します。

Amazon トップページを開いてください。

トップページ右上、赤枠で囲った部分「アカウントサービス」を クリックしてください。

次のページの上部右上、赤枠で囲った「マーケットプレイス出品」 をクリックしてください。

次に出品したい商品を探していきます。

画像、赤枠内のような箇所が出てくると思いますので そこから商品を検索してください。

今回は、商品カテゴリーを「TV ゲーム」、 キーワードを「ニンテンドー3DS 本体」と入力して 商品を探してみます。

「出品手続きを開始する」をクリックし下さい。

次のページで、検索された商品が表示されます。 上手く商品が表示されないときには、キーワードを変えたり ページ右上「並べ替え」で表示される順番を変えるなどして 探してみてください。

今回は、1 ページ目 5 番目に表示された、 「ニンテンドー3DS ピュアホワイト」 を例にして、説明していきます。

該当する商品の右横「マーケットプレイスに出品する」を クリックしてください。

次のような画面が表示されます。

このページをスクロールして順番に見ていくと、 登録していく箇所がいくつか出てきますので、 画像を使いながら説明していきたいと思います。

まず出てくるのが、コンディションを入力する箇所になります。

上の「商品のコンディション」は、「選択」をクリックすると 新品・中古・コレクターなど出品する商品に合わせて 状態を選択できるようになっています。

下の枠には、文章で商品のコンディションを入力します。

例えば、FBA サービスを利用して新品商品を販売したい場合、 「新品、未開封の商品です。Amazon より迅速・丁寧に配送されます。」 というように、書いていきます。

商品のコンディションを読んだお客様が、商品を購入したいと 感じるような書き方を工夫してみてください。

同じ商品を出品しても、コンディションの書き方ひとつで 売れるスピードが違ってくることもあります。

中古商品を販売する時などは、特に気を付けてコンディションを 入力してください。

次に「在庫数」を入力します。

自己発送の場合には、入力後に注文が入ったら 出品できる個数を入力してください。

FBA サービスを利用して出品する場合には、 発送作業の際に FBA 倉庫に送る個数を 後程改めて入力します。 ここでは「1」と入力しておけば問題ありません。

「商品の販売価格」は、今回出品する商品を いくらで販売するかを決めて入力してください。 販売価格は、ほかの出品者の出品価格を参考に 決めていくとよいと思います。

「商品の販売価格」も、後程変更可能です。 相場に応じて変更してください。

次は、商品の管理番号になります。 この部分は、何も入力しなければ自動的に管理番号が振り分けられます。

自分自身で決めたい場合には、管理しやすい番号を入力しておくと 後々わかりやすく便利です。

例えば、仕入れ金額 300 円のゲームソフトを 2014 年 10 月 1 日に 1 つ目の出品商品として登録するとします。 「g20141001-300-1」 という感じで番号を付けていくと管理しやすくなります。

「提供する配送オプション」は、自己発送で登録したい商品には上の○、 FBA サービスを利用して登録したい商品には下の○にチェックを入れてください。

「次へ」をクリックします。

次が確認画面になります。 入力した内容に修正したい箇所がある場合には、 戻って入力しなおしてください。

内容に問題が無ければ、 「出品を確定し、納品手続きを開始する」 をクリックしてください。

これで、出品商品登録は完了です。 自己出品を選択している商品に関しては、 お客様からの注文が入りましたら、

その都度自分自身で商品発送をしていきます。

FBA サービスを選択した商品に関しては、 この後、納品作業をしなければ商品は販売できません。 一緒に納品する商品を登録し終わりましたら、 次に納品作業をしていきます。

次からは、自己発送の場合と FBA サービス利用の場合 に分けて説明していきます。

(2)自己発送の方法

自己発送を選択して商品登録をすると、 お客様からの注文がすぐに入ることもあります。

次からの手順を覚えて、お客様からの注文に スムーズに対応していけるように、 発送が遅れないように気を付けて進めていきましょう。

注文が入った場合の発送方法について、 その流れをこれから説明していきます。

注文が入ると、Amazon から「注文確定メール」が届きます。

このメールが届きましたら、Amazon セラーセントラルに ログインして該当する商品を探します。

セラーセントラルトップ画面の左側中央、「注文管理」の ところに「未出荷」の表示がされていると思います。

上の画像の数字は0ですが、自己発送商品に注文が入ると この部分に数字が入ります。

未出荷商品があることを確認しましたら、 画面上部の「注文」から「注文管理」をクリックします。

次のような画面が出てきます。

注文日順(新しい注文が上)に並んでいない場合には、 画像左上の「注文日」をクリックして注文日順に並べてください。

注文日順に並んだら、未出荷の商品を確認して「納品書」を 印刷します。

未出荷分は画像右側に次のように表示されていると思います。

赤枠で囲んだ「ステータス」に未出荷と表示されていましたら、 黄色枠で囲んだ「納品書の印刷」をクリックして印刷してください。

印刷した納品書は、点線から上が「購入者の住所」、 点線から下が「納品書」になります。

点線部分で切り離して使用します。

「購入者住所」は発送の際に伝票に書き写したり、 商品を入れる箱や封筒に発送先住所として直接貼り付けてください。

「納品書」は商品に同封して出荷してください。

商品を出荷しましたら、下の画像赤枠部分の 「出荷通知を送信」をクリックして出荷完了です。

これで、自己発送の場合の商品登録から出品作業までの 流れが完了しました。

(3)FBA 出品方法

FBA サービスを利用する商品は、商品登録をしただけでは 注文は入りません。

Amazon 倉庫への納品が完了してから、 Amazon 商品ページに現在販売されている商品として 表示されます。

倉庫への納品が完了しなければ、お客様からの注文は 入りませんので、商品登録が済んだ商品は、 迅速に納品作業を済ませてください。

それでは、FBA サービス利用商品の登録が完了したと仮定して 次からの作業の流れを説明していきたいと思います。

まず、セラーセントラルの在庫管理ページを開きます。

セラーセントラルトップ画面上部「在庫」にカーソルを置き 一番上の「在庫管理」をクリックしてください。

次のように登録した商品が一覧になっています。

上の画像赤枠内のような□がありますので、Amazon 倉庫に納品する商品の 左側の□にチェックを入れます。

画像の黄色枠で囲んだ「変更」をクリックし、 「在庫商品を納品/補充する」を選択してクリックします。

次のような画面になりますので、商品に間違いが無ければ、 「在庫を納品する」をクリック。

次のような画面になりましたら、 「新規納品プランを作成」、「既存の納品プランを作成」、 のどちらかを選択します。

通常は、「新規納品プランを作成」を選択します。

既に途中までできている納品プランに商品を追加するときには、 「既存の納品プランを作成」を選択します。

右側の梱包タイプの選択は、通常は「個別の商品」のままで 問題ありません。

発送元住所は、Amazon に登録してある住所になります。 確認して問題が無ければ「続ける」をクリックします。

次の画面で数量を入力します。

赤枠部分の□に商品ごとに数量を入力し、「続ける」をクリックします。

次の画面でラベルを印刷します。

赤枠部分の「ラベル印刷」をクリックして商品一つ一つに貼り付ける ラベルを印刷します。

ラベルは、ネットショップやホームセンターなどで購入できます。 はがしやすいタイプの食べるを購入することをお勧めします。

下の図のような、1 ページ 24 枚のラベルに 区切られているものを選んでください。

下の画像のような商品がお勧めです。 メーカーによって多少の違いはあると思いますが、 サイズが合っていて、はがしやすいラベルであるならば 問題ないと思います。

ラベルの印刷が終わりましたら、「続ける」をクリックします。

次の画面で、納品する商品の内容に間違いが無ければ 「納品を作成する」をクリックして下さい。

次の画面で、「納品作業を続ける」をクリック。

次の画面で配送業者を選択し、配送ラベルを印刷します。

配送業者は、枠をクリックするといくつか出てきますので、 実際に利用する業者を選んでください。

配送ラベルの印刷は、郵送する箱ごとに 1 枚ずつ貼り付けます。 一度に 1 箱なら 1、2 箱なら 2 を入力し、「配送ラベルを印刷」を クリックして下さい。

印刷した配送ラベルは、枠に合わせて切り取り、 発送するダンボール箱に貼り付けます。

配送業者の伝票と重ならないように、 太めのビニールテープなどでしっかりと貼り付けて下さい。

配送ラベルを印刷したら、「納品を完了する」をクリックして 入力手続き完了です。

次の画面で、「お問い合わせ番号」を入力する箇所があります。 未入力でも配送にトラブルがなければ問題はありません。

配送業者の伝票番号を入力しておくことで、 万が一、発送した商品が Amazon に届いていないなどの 問題があった時に、状況を把握しやすいと思います。

この時点で、手元に伝票が無い場合は、 発送を済ませてから、伝票控えをもとに入力しても大丈夫です。

発送を終えましたら、最後の画面の右上の「納品済みにする」を クリックしておくと画面上で確認する際にわかりやすいです。

「納品済みにする」をクリックしなくても、 「納品を完了する」をクリックして完了させておけば、 納品手続き上は問題ありません。

これで、Amazon 倉庫への納品手続きも終わりましたので、 商品の納品が完了し、Amazon の画面で商品が反映されれば お客様からの注文が入ってきます。

FBA 利用の場合は、商品の発送は Amazon が全て 処理してくれます。

時々、お客様から商品についてのお問い合わせが 入ることがあります。 その都度丁寧に対応していけば問題ありません。

商品登録・発送・Amazon 倉庫への納品も、 繰り返し行ううちに慣れてきます。

次第に、効率的に作業を行うことができるように なりますので、繰り返し販売できる商品などを見つけて 積極的に作業を進めていって下さい。